ショップ案内
海の仲間が集まるダイブショップ

静岡県伊東市城ヶ崎海岸、伊豆高原駅から徒歩10分ほどにある小さなダイブショップです。メインのスタッフ3名は20年以上、伊豆の海を潜り続け、伊豆海洋公園の海を知り尽くしているベテランダイバー。なじみのスタッフがいつも居る安心なお店がダイブドリームの魅力です。

10代の若者から70代のシニアダイバーまでが集まるダイビングショップ。ダイビングを楽しむのに年齢は関係ありません。幅広い年齢層の方が一緒にダイビングを楽み、海から上がれば共通の海の話題で盛り上がります。小さなお店だから多くのことは出来ません。だけど小さなお店だから出来ること。それはゲストの一人ひとりとしっかりと接し、それぞれのニーズに応えることだと考えています。


小さな出来事から始まる 大きな夢
ダイブドリーム 夢体験 海体験

素晴らしい海の世界を多くに人に知って欲しい

ダイビングを通じて海と接する事で日頃のストレスから解放される社会生活を送るための原動力となる安らぎとうるおいを与える海居心地の良い海中世界を多くの人に初めて海の中をのぞいた感動を覚えていますか??色とりどりの魚達や海藻、海底を覆い尽くすカラフルな生物達など衝撃的な光景で我を忘れて遊ぶ社会的な地位やプライドを忘れ一人の人間として裸になる海の中では誰もが平等素直な気持ちで海を楽しみたい海の中は異次元空間夢のような目眩く海中世界を童心に帰って楽しむそれが、、、、、 ダイブドリームです

海をしっかりと伝える

ダイビングを通じて海と接する事で日頃のストレスから解放される生涯スポーツとしてのスキューバダイビング。今では若者から高齢者まで楽しめるスポーツとして認知されてきています。楽しさばかりを表現するスクールもたくさんあります。しかし、素晴らしい海の世界ですが、実際は楽しい事ばかりではありません。自然相手の遊びですから、時には厳しい海の表情に遭遇する事もあります。いつも優しい顔で接してくれる訳ではありません。私達はダイビングを始める人に楽しい事ばかりではないことも、しっかりと伝える事が大切な事と考えています。海をしっかりと伝えたい!!海を知る事は、海に合わせる心構えを持つ事でもあります。海は訪れる人に合わせてはくれません。訪れる人が海に合わせる。
 
言葉で言うのは簡単ですが、、、、、、こんな事を一人ひとりに少しずつ、しっかりと伝えていければと考えています。スキューバダイビングでの楽しさと快適性は、安全という大きな土台の上に成立っています。楽しさだけを先に求めて、しっかりとした土台が無い状態で海に臨むと思わぬ所で足元をすくわれる事が有ると知っておかなければいけません。



HOME > SHOP&STAFF

伊豆海洋公園の海に精通した安心のスタッフ

オーナー

森田稔

もりたみのる

伊豆の海を潜り続け30年以上

PADIインストラクターだった父親の影響で小学生の頃にダイビングと出会う。初めて見た海中世界のきらめきは今でも鮮明に覚えています。沖縄返還記念事業として開催された沖縄海洋博覧会。第一回海洋フリッパーレースに高校生で出場、第3位に入賞する。

その後、東京での社会人生活後、伊豆へ移り住み故益田一の教えを受け、伊豆海洋公園ダイビングセンター(IOP)勤務、東海大学潜水訓練センター講師として多くの海洋学部生徒にダイビングの指導を行いながら、IOPの海の隅から隅まで、空気で潜れる限界のダイビングを経験し、IOPの魅力に取り憑かれる。水中写真や定置網作業など水中作業も多く経験し、当時のダイビング経験が現在のダイブショップ運営の大きなバックボーンとなる。

多くの人に海とダイビングの素晴らしさを知って欲しい!!

伊豆に移り住んで間もない頃、スキューバダイビングがレジャースポーツとして社会に広がり始め、自分が知っている海の魅力を一般ダイバーに伝える楽しさを覚え、以来初心者向け講習やファンダイビングなどダイビングサービスに携わる。現在も多くのダイバーを指導中。海洋生物の魅力を伝える伝道師としての使命をライフワークとしている。

1993年4月、伊豆海洋公園を退社、恩師故益田一氏の援助を得てダイブドリームを主催。
現在に至る。詳しくは中山千夏著「スクーバダイビング入門海に潜った」参照

スタッフ 

上野貴弘

うえのたかひろ

イルカから始まった海との出合い
最初は嫌で嫌で仕方が無かったダイビング講習

1989年専門学校在籍中、学校の授業の一環でスキューバダイビング講習を伊豆海洋公園で受講する。当時は、水泳が大の苦手で、「ダイビングなんか始めたら死んじゃうかも」と、本気で怖がっていた為、講習を受けること自体、嫌で嫌で仕方が無かった。しかし、当時ダイブドリームオーナー森田も在籍していた伊豆海洋公園のインストラクターの方々、(当時日本で一番優秀なインストラクターが揃っていると言われていました。)をはじめ、アルバイトで働いていた専門学校の先輩たちの指導の元行われた講習で、ダイビングの基本となるフリッパー泳法なら、泳ぎが苦手な自分でも楽しく速く泳げる事を知り、海洋実習で潜る頃には、すっかりダイビングが大好きになっていた。今でも最初に潜った時に見たソラスズメダイの群れを鮮明に覚えている。その後、インストラクターと言う選択肢も考えたが、高校時代からの夢であったイルカの調教師を目指し、準社員として旧江ノ島水族館に就職。飼育員兼イルカショースタッフとして活躍。その時行われていたショーの為の発声練習や、演技指導(当時の社長と繋がりが合ったホリプロプロダクションからプロの方が教えに来てくれていました。)が、現在お客様への説明や海の中の生き物達の行動を表現するボディーランゲージに大きく役立っている。旧江ノ島水族館退社後、約1年間伊豆海洋公園でのアルバイトを経て、1993年4月ダイブドリームオープン時よりダイビングスタッフとなり現在に至る。

持ち前の明るさと清々しいキャラクターが人気。当初、ダイビング始めるのが嫌で嫌で仕方が無かったことが良い経験となり、今では、初めて潜る体験ダイバーや講習生、そして初心者ダイバーにダイビングの魅力を伝える事がとても上手に表現出来るスタッフです。

一人ひとりに合わせ 親切丁寧がモットー

初心者向けの講習では一人ひとりに合わせた親切で丁寧な指導が魅力です。相手のペースに合わせて進めていく講習には定評があります。年々変わるダイビングの指導法や器材に対しての新しい情報や知識も常に更新しつつ、海中生物に対しての研究にも余念なく、日々新しい知識を吸収しその知識を生かしたダイビングガイドを行う。ダイビング中の細かいケアーに気を配り、気持良くダイビングを楽しんでいただけるようにと、日々のサービスを心掛けている。

スタッフ 

斎藤みさお

さいとうみさお

女性ならではのきめ細やかな対応が魅力です
子供の頃から海が好きだった!!

海の近くで育ち、子供の頃から海が大好きだった。そしていつかダイビングを始めたいと思っていた。ダイブドリームオープンの1993年夏に職場の同僚と体験ダイビングに参加、直ぐにCカードを所得する。その後2年半の間ゲストとしてダイブドリームのファンダイブを楽しんでいたが、意を決してダイビングの道に進む事となり、現在に至る。元々は宝飾関係のデザインや加工など、細かい作業を得意としていたこともあり、海の中でも小さく綺麗な生き物に興味が有り、小さな生物を探す能力が人一倍長けている。

見かけによらず力持ちではあるが、女性ならではのきめ細やかなサービスと痒いところにに手が届く心遣いで、女性ダイバーから絶大な人気と信頼をえている。しかし、実は男性ダイバーの隠れファンが多い事も事実である。

ゲストと共にダイビングを楽しみたい!!

ダイブドリーム を訪れる多くの人々に海の楽しさを伝えたい。それには自分が海を楽しむ事も大切と考え、ダイビングツアーにも時々参加して自身のダイビングも楽しみながら、ダイビングスタッフとして関わっている。また、ダイビング終了後の陸上での楽しみでは、彼女の存在は欠かす事が出来ない。
アフターダイブにイベントとして行うお酒の席では、彼女が作る酒の肴を楽しみにしているダイバーも多く、こんな所にも隠れファンがいる事が彼女の魅力でも有る。
海だけでなく、陸上も楽しめるお店として、重要な役割を果たしている。
スタッフとしての視線だけで無く、利用者としての経験からダイブドリームのサービスに助言や苦言を与えてくれる、頼もしいスタッフである。

RESERVE & CONTACT

営業時間:08:00〜19:00

ご不明な点、お問い合わせはお気軽にどうぞ!!
日中は海に出ている事もございます。メールでのお問い合わせは出来るだけ早くお返事を差し上げます。予めご了承下さい。

ご予約先は

ご予約日が決まりましたら、ご予約フォームよりご予約を頂ければと思います。
ご予約確認のメールを差し上げます。
なお、ご予約フォーム送信後24時間以内に確認メールが届かない場合は、大変お手数ですが 0557-53-4222 へご連絡頂ければと思います。

キャンセルについて

キャンセル料金のご案内

スノーケリング、体験ダイビング、ファンダイブのキャンセル料金 

ご予約日の前日 50% ご予約日当日 100% となっております。

予めご了承下さい。
Cカード取得コース、宿泊付きコース、ダイビングツアーのキャンセル料金は別途ご案介しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。